Color of my soul

@ the bottom of my heart


先日、自分の写真のことをとても素敵な言葉で形容してくれた方がおり、

なんだか目がじわりと潤んだ。


写真に精通している方にお褒めいただくのが嬉しいのはもちろんですが、

写真を始める前からの知り合いや、写真にさほど興味がない方、知識が全く無い方に

ふとした言葉をかけられるのが実は一番嬉しいのです。


「壁紙にしてる」とか「写真に興味を持った」なんて言われると、本当に感動する。

それは写真を撮らないピュアな心からの言葉だと思うから。


自分の写真がどんな評価を受けるかを気にしない人はいないと思う。

でも私は今は、コンテストで入賞するとかサイトで評価を受けるとかより、

自分が納得できるものを撮る方がずっと難しいと思ってる。


写真を通じて知り合った方々は、本当に素敵な人柄だったり経歴だったり肩書きだったり。

自分がどれだけ底の浅い人間だったかと気づかされるわけです。

納得できるものを撮るには、人生やり直さないと無理だと割と真面目に考えたこともあります。


でも人生は一度きりだから・・・。

だったらこれからも探していかないと。自分の色を。

気づけば写真に向き合って、2年が経っておりました。
[ 2010/06/27 21:58 ] Think about | TB(0) | Comment(10)

繊月が沈む

@ the bottom of my heart


猫の爪で引っかいたような二日目の月。

この頃、月の写真が妙に琴線に触れることに気がつきました。


うっかりすると病みそうになるのを撮ることで支えてもらってる感じ。

皆さんの写真にもね。


ブログタイトルからして、こういうことも書いていいのでしょうけど最近はあんまりですね。


この街を離れるのが思いの他寂しいようです。
5D Mark II, EF24-105mm F4L
[ 2010/01/18 21:40 ] Think about | TB(0) | Comment(7)

あの場所

@ the bottom of my heart


野辺山のペンションの方から年賀状が届きました。

拙い写真、見ていただけてるようで・・・感謝です。


今年は写真関係で年賀状をいくつかいただけました。

ここ10年、ほとんど年賀状を送る習慣を無くしていたけど

いいものだなとしんみりして熱いものがこみ上げました。

そして来年は自分の写真で作れたらなとも。


写真をやらなければ5年や10年平気で会わなかったかもしれない父のことも含め、

写真をやっていなかったらという、今となっては仮定の世界はどれだけつまらなかっただろう。


私は自分を表現するのが上手くないし、話すのも下手だし、そういう意味では

写真を通して私の人となりを見てもらえるのは大変ありがたい。

そこから広がる世界に感謝しています。


まぁやはり一生続けるとは思ってないけど(笑)


こっちにいる間にこの木の下にも行かないとね。

[ 2010/01/08 19:54 ] Think about | TB(0) | Comment(6)

No reason

@ the bottom of my heart


割と、怒りやすいというか、ちょっとでも道理でないことを見るとむっとする性格だと思う。

筋が通ってないと許せなくて結構引きずる。

昔それで友人と長期に渡って口をきかなくなったりもした。


でもまぁ、それは自分の中の筋であって、それを人に押し付けちゃいけないよね。

自分なりの筋があるのはすごくいいこと。

特に私は一番嫌いなタイプは周りに流される人なので。


それは自分の中だけでいいじゃないか・・・と思ってもやはり他人がそうでないと

未だ苛々してる自分に気づいて何も変わってないと気づく。

人には人のやり方があるんだから。


写真に関してもまぁ、そういうことは少なくない。

最近どうしても許せないことがあったわけで。


世の中には自分と違う人しかいない。

ならそれと認めることがどうしてできないんだろう。


と言いながらこんな愚痴にコスモスの在庫を貼ってみる(笑)

@ the bottom of my heart
[ 2009/10/08 23:39 ] Think about | TB(0) | Comment(3)

焦り

@ the bottom of my heart

@ the bottom of my heart


天候に左右されて撮れないものがある。


富士山の表情を撮る人なら、そんなことザラなんだろうなと思ったことがある。

そして何年越しに撮れる写真もあるんだろうな・・・。

一生撮れない写真もまたあるんだろうか。


今日早起きしなかったことを悔やんだ女の戯言でした(笑)
[ 2009/09/16 21:42 ] Think about | TB(0) | Comment(4)