スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Track back(-) | Comment(-)

MC Zenitar F2.8 Fisheye

お待たせしました!!

待ってない人はスルーして下さい!!


月初めに紹介したロシアンレンズのテストです。

非CPUのフルマニュアル。

絞りリングが操作しづらいよと思いながらかちゃかちゃ。


1.2m以上で無限遠なので基本∞で、絞りを適当に決めて、私はFnキーにISOを当ててるので

SSと合わせてぼちぼち露出決めながら撮ってます。



こういうのだと魚眼っぽさ出ない。




わかりやすくぐにゃりんと曲げてみた。

換算24mmなので端っこの魚眼ぽさ台無し。

しかし三半規管が弱いワタクシ・・・魚眼は酔ってしまうのでお断りww


気になったの開放での描写。



F2.8(開放)




リングひとつ絞ったトコ(F3.6くらい??)


てか被写体ヽ(´Д`;)ノ


これひどくないかい( ̄□ ̄;)

開放の方最初ゴミついてるのかと思った・・・。

甘すぎる。調整出すレベルですよね。


まぁお安いので、純正16mmの3分の1以下のお値段なので。

その割にはいい写りかと。色乗りはあっさりめですね。


惹かれた理由がフィルムにこれで星撮ってる方けっこういたのですよ。

私もやってみたいとこ。

軽いのでお散歩カメラには最適。色々試したくなりますね。




スポンサーサイト
[ 2008/08/30 04:04 ] Photos&Cameras | TB(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rin23n.blog.fc2.com/tb.php/864-037e1f08


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。