スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Track back(-) | Comment(-)

ダイワスカーレットが引退

あまりに残念な知らせ。

もしかしてと思っていたけどやはりショック。

連帯率100%を誇り、天皇賞秋でウオッカとの名牝対決、
年末はグランプリを飾り一躍歴史に残る最強牝馬となったダイワスカーレット。

競走馬の致命傷と言われる病気だし、もう5歳ということで仕方ない決断かもしれない。

でもやはり、もっと走って欲しかった。

世界に行って欲しかった。

また名馬が一頭ターフを去る。
スポンサーサイト
[ 2009/02/16 17:55 ] Today's news | TB(0) | Comment(3)

1 ■競馬史に残る名馬

本当に残念です。
でも仕方ないことでもあります。
無理して万一骨折でもしたら悔やんでも悔やみきれないし。
これだけ輝かしい戦績の牝馬ですから、これからは産駒を楽しみにしたいですね。

64年ぶりにダービーを勝利した牝馬と37年ぶりに有馬記念を制した牝馬。
この同じ歳に生まれた最強牝馬2頭の対決は、今後いつまでも競馬史で語られることでしょうね。
[ 2009/02/17 01:08 ] [ 編集 ]

2 ■ざんねんです・・・

残念なニュースが飛び込んできました(ノ_・。)
一躍歴史に残り、そして、競馬ファンの心に残る名馬が去るなんて(;^_^A

凱旋門で橋って欲しかったし。勇姿を見せて欲しかった(ノω・、)

りんさん残念ですよね。(´д`lll)
もう少し、せめて、もう一回だけでも橋って欲しかったですね。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
[ 2009/02/17 01:26 ] [ 編集 ]

3 ■■RES

>iniさん

そうですね、陣営も辛い決断でしたでしょう・・・。
世界を目指す矢先のことだったのに。
3年後、子供が世界に行ってくれますよう。

名牝2頭が同世代という奇跡は、きっと生きてるうちにもう見られないでしょう。
感動をありがとうと言いたいです。

>shio9321さん

そうですね。せめて一度だけでも世界へ・・・。
名馬は、不完全燃焼に引退してしまうケースが多いですね。
またその希望を子孫に託すから続いていくんでしょうね。
[ 2009/02/17 12:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rin23n.blog.fc2.com/tb.php/1053-c73706b6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。